SEISHU MARU

f:id:BlauGrana10:20200408184750j:plain

 

NYKのLNG船 SEISHU MARU です。

 

漢字では「勢州丸」。

 

LNG船といえば、丸いタンクがいくつかある船をイメージしますが、最近はこんなLNG船が出てきています。

 

このかたちは”さやえんどう型”なんて呼ばれています。

 

なんでさやえんどうなのかというと、丸いタンクが大きなカバーに覆われているから。

それをさやえんどうのようなかたちをイメージしたんでしょうね。

 

カバーを一体化させることにより、タンクが4つ、5つある従来の船よりも風圧を低減させることができるそうです。

 

さやえんどう型はこの船を見る前から知っていたのですが、実際に見たのは初めてでした。

想像以上に大きく「なんだこれは!?」という第一印象でした。

 

IMO:9666558 船籍:バハマ

全長288m、全幅49m、総トン数136,740トン、86,414DWT。

三菱重工業 長崎造船所の建造で、2014年竣工です。

 

DONG-A GLAUCOS

f:id:BlauGrana10:20200407180425j:plain

 

今日はレアな自動車船を1隻。

 

韓国・DONG-A TANKERの7,568台積み自動車運搬船 DONG-A GLAUCOS です。

 

社名にタンカーと入っていますが、ばら積み船やコンテナ船、自動車船も運航しています。

 

その自動車船は現在「DONG-A GLAUCOS」「DONG-A METIS」「GLOVIS COUNTESS」の3隻しかいません。

もしかしたらGLOVISは傭船かも。そうなると自社船は2隻のみ。

 

まあどちらにしろ、世界に2,3隻しかいない貴重な自動車船になります。

 

「DONG-A METIS」は以前名古屋で撮っているので今回が2隻目。

 

数が少ない船は一度見逃すともう見れないこともあるので、チャンスは逃せません!

 

IMO:9441867 船籍:マーシャル諸島

全長232.37m、全幅32.26m、総トン数72,408トン、26,985DWT。

Hyundai Samho Heavy Industriesの建造で、2011年竣工です。

 

HOEGH SEOUL

今日は時々名古屋港で見かける船社の自動車船を。

 

ノルウェー船社・HOEGH AUTOLINERSの7,800台積み自動車運搬船 HOEGH SEOUL です。

 

名古屋港に向かう航行中のところを撮りました。

 

この日はだいぶ急いでいたのか、前を航行していた客船「VOYAGER OF THE SEAS」を簡単に追い抜きます。

f:id:BlauGrana10:20200406185334j:plain

f:id:BlauGrana10:20200406185346j:plain

 

暴走ぶりは止まらず、その前を航行していた協和海運の多目的船も追い抜きます。

(船名は忘れました!)

f:id:BlauGrana10:20200406185400j:plain

 

そのままの勢いで名古屋港へゴールイン!

f:id:BlauGrana10:20200406185415j:plain

 

コンテナ船ほどではないんでしょうけど、自動車船も忙しいですね。

 

IMO:9285495 船籍:ノルウェー

全長228.74m、全幅32.29m、総トン数68,871トン、27,178DWT。

Daewoo Shipbuilding & Marine Engineeringの建造で、2004年竣工です。

 

サッカーがないのでつまらないですね

ヨーロッパのサッカーや日本のJリーグが中断中。

 

本来、この時期はヨーロッパの主要リーグではリーグ戦が終盤に入ってきて優勝クラブも決まるころ。

冬が長い寒い国ではリーグ戦がスタートします。

 

チャンピオンズリーグヨーロッパリーグは準々決勝あたりまで進んでいたはず。

 

Jリーグなら開幕から1ヶ月ちょっと経ち、今シーズンの調子よさそうなクラブも分かってきて面白くなるころ。

 

サッカー好きなら大盛り上がりの時期ですよね。

それがなくなってしまったのですから楽しみが一つ減ってしまったわけです…。

 

昨日はあまりにヒマだったので、YouTubeでサッカーとか見ていたんですけど、いろんな動画見ていたらいつの間にかレディー・ガガの「Bad Romance」にたどりついていました!

久しぶりに聴いて大盛り上がり!笑

 

ところで、先日、ベルギーリーグがこのまま打ち切りにするという記事が出ていましたね。

ヨーロッパの主要リーグではいち早く決断をしました。

欧州サッカー連盟UEFA)はリーグを打ち切った場合、チャンピオンズリーグヨーロッパリーグの出場権を与えないとか言っています。

今後はこのあたりの調整になるんでしょうけど、この結果次第ではほかの国でも打ち切るリーグが出てきそうですね。

 

こうやってシーズンを終了させる国もあれば、リーグを始める国もあります。

 

もうご存知の方も多いと思いますが、ベラルーシのリーグとタジキスタンです。

 

ベラルーシは国内で1000人以上の感染者を出しているのに、リーグ戦を3月19日からスタートさせました。

 

ベラルーシトップリーグは「ベラルーシプレミアリーグ」という名前。

16クラブで構成されています。

この週末も観客を入れて試合が行われたようです。

 

タジキスタンでは、4月3日に昨シーズンのリーグ王者とカップ戦王者の試合が戦うスーパーカップが無観客で行われました。

タジキスタン国内ではいまのところ感染者はゼロ。

今週末からはリーグ戦もスタートとのこと。

リーグ戦も無観客で行うようです。

 

私が調べたところ、中米のニカラグアとアフリカのブルンジでもリーグ戦は続けられているようです。

 

両国とも年をまたいで行うリーグで、2019-2020シーズンの終わりに差し掛かっています。

ニカラグアは残り4,5試合、ブルンジは残り3,4試合。

 

ニカラグアは3月24日時点、ブルンジは3月31日の時点でともに感染者は2人出ていますが、多分全試合やっちゃうんでしょうね。

 

HAMBURG

f:id:BlauGrana10:20200404194534j:plain

 

ハンブルクに行ってきたわけではありません。

ドイツに行ったこともないです(笑)

 

MAERSKのコンテナ船 HAMBURG です。

 

船の前に背景が写っているので簡単に紹介しましょう。

左端のタンクから真ん中あたりは出光興産の製油所。

真ん中から右のタンクはLNG

右端のタンクの隣に見える塔は中部国際空港セントレア)の管制塔です。

 

それでは船にいきましょう。

 

世界一のMAERSKも自社船以外の船も運航しています。

この船は元APL。

船名はAPL HAMBURGでした。

 

ちなみにAPLはAmerican President Linesを略したもの。シンガポールの海運会社です。

 

APLの運航ではなくなったのでAPLだけ取っちゃったんですね!

写真の船名部分が前の方に来ていてちょっとバランスが悪いのは、APLを消してHAMBURGだけ残したためです。

 

今まで見ることができなかった船がほかの会社の運航になって寄港してくれる、こんなうれしいことはありません!

しかもMAERSKは巨大船を寄港させてくれるので、見ごたえのある船ばかりです。

 

IMO:9332860 船籍:マーシャル諸島

全長293.18m、全幅40m、総トン数71,786トン、72,982DWT。

コンテナ積載能力は6,494TEU。

幸陽船渠の建造で、2009年竣工です。

 

CHASTINE MAERSK

f:id:BlauGrana10:20200403200812j:plain

f:id:BlauGrana10:20200403200816j:plain

 

今日は久しぶりに巨大な船を。

 

MAERSKのコンテナ船 CHASTINE MAERSK です。

 

船の魅力はやはりその巨体。

300mを超える船を近くで見ると迫力に圧倒されます!

 

写真は日没直後に出港していったところです。

なんとか撮影できるギリギリの時間でした。

薄暗くなってくるとぼやけてうまく撮るのも難しくなってきますね。

 

2枚目は通過した後の船と夕焼け空。

1日の終わりに次の港に向けて航行する姿はちょっと寂しくもなりますが、結構好きな風景です。

 

IMO:9219800 船籍:シンガポール

全長346.98m、全幅42.8m、総トン数92,198トン、110,387DWT。

コンテナ積載能力は9,578TEU。

Odense Steel Shipyardの建造で、2001年竣工です。

 

ALBATROS

f:id:BlauGrana10:20191119193638j:plain

 

40年経つ船は他にもいました。

 

ドイツ・Phoenix Reisenのクルーズ客船 ALBATROS です。

 

私が今まで見てきた船では一番最年長の竣工から47年!!

それが貨物船とかではなく客船っていうんですからすごいですね!

 

客船の船内は綺麗で新しいイメージですが、こういう古い船ってどうなっているんでしょう?

何度も改装しているんでしょうか?

 

ちなみにこの船も現役で頑張っています。

 

IMO:7304314 船籍:バハマ

全長205.46m、全幅25.22m、総トン数28,518トン、5,936DWT。

STX Finland Helsinkiの建造で、1973年竣工です。