コパ・アメリカの歴史

ラ・リーガバルセロナの試合を毎試合見ているんですが、ここ2試合引き分け。

レアル・マドリーとの差は1ポイント。

しかし、マドリーはまだ今節の試合を行っていないので、この試合で勝つと4ポイントに広がってしまいます。

残りが5試合なので、だんだん厳しくなっていきます。 

 

それでは今日の記事のもくじです。

 

今日は何の日??

7月2日は「ユネスコ加盟記念日」「第1回南米選手権開催の日」です!

 

ユネスコ加盟記念日

1951年7月2日、日本がUNESCO(ユネスコ)に加盟した日です。

ユネスコは、国連教育科学文化機関(United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization)の頭文字をとったもの。

 

第1回南米選手権開催の日

1916年7月2日、第1回南米選手権が始まった日です。

南米選手権は名前を変えて、現在はコパ・アメリカになっています。

 

コパ・アメリカの歴史

それでは今日はこのコパ・アメリカの歴史を振り返ってみましょう。

コパ・アメリカは、南米サッカー連盟が主催する大会で、国・地域の代表選手で結成されたチーム(ナショナルチーム)による大会の中で世界で一番古い大会です。

ちなみに第1回ワールドカップが開催されたのが1930年。

 

記念すべき第1回南米選手権大会は、開催国のアルゼンチン、ブラジル、ウルグアイ、チリの4か国のみの大会でした。

始まった当初はほとんど毎年開催。それが2,3年置きに開催するようになっていきます。

参加国も少しずつ増やしていき、現在は南米サッカー連盟に加盟している10か国と招待国の2か国をあわせた12か国が参加するかたちが定着しています。

 

南米サッカー連盟に加盟する10か国全てが参加したのは、第30回大会が初めて。

第1回が始まってから59年が経っていました。

 

過去の結果

過去46回の優勝から3位までをまとめてみました。

開催年 開催国 優勝 2位 3位
1 1916 アルゼンチン ウルグアイ アルゼンチン ブラジル
2 1917 ウルグアイ ウルグアイ アルゼンチン ブラジル
3 1919 ブラジル ブラジル ウルグアイ アルゼンチン
4 1920 チリ ウルグアイ アルゼンチン ブラジル
5 1921 アルゼンチン アルゼンチン ブラジル ウルグアイ
6 1922 ブラジル ブラジル パラグアイ ウルグアイ
7 1923 ウルグアイ ウルグアイ アルゼンチン パラグアイ
8 1924 ウルグアイ ウルグアイ アルゼンチン パラグアイ
9 1925 アルゼンチン アルゼンチン ブラジル パラグアイ
10 1926 チリ ウルグアイ アルゼンチン チリ
11 1927 ペルー アルゼンチン ウルグアイ ペルー
12 1929 アルゼンチン アルゼンチン パラグアイ ウルグアイ
13 1935 ペルー ウルグアイ アルゼンチン ペルー
14 1937 アルゼンチン アルゼンチン ブラジル ウルグアイ
15 1939 ペルー ペルー ウルグアイ パラグアイ
16 1941 チリ アルゼンチン ウルグアイ チリ
17 1942 ウルグアイ ウルグアイ アルゼンチン ブラジル
18 1945 チリ アルゼンチン ブラジル チリ
19 1946 アルゼンチン アルゼンチン ブラジル パラグアイ
20 1947 エクアドル アルゼンチン パラグアイ ウルグアイ
21 1949 ブラジル ブラジル パラグアイ ペルー
22 1953 ペルー パラグアイ ブラジル ウルグアイ
23 1955 チリ アルゼンチン チリ ペルー
24 1956 ウルグアイ ウルグアイ チリ アルゼンチン
25 1957 ペルー アルゼンチン ブラジル ウルグアイ
26 1959 アルゼンチン アルゼンチン ブラジル パラグアイ
27 1959 エクアドル ウルグアイ アルゼンチン ブラジル
28 1963 ボリビア ボリビア パラグアイ アルゼンチン
29 1967 ウルグアイ ウルグアイ アルゼンチン チリ
30 1975 H&A ペルー コロンビア ブラジル
ウルグアイ
31 1979 H&A パラグアイ チリ ブラジル
ペルー
32 1983 H&A ウルグアイ ブラジル ペルー
パラグアイ
33 1987 アルゼンチン ウルグアイ チリ コロンビア
34 1989 ブラジル ブラジル ウルグアイ アルゼンチン
35 1991 チリ アルゼンチン ブラジル チリ
36 1993 エクアドル アルゼンチン メキシコ コロンビア
37 1995 ウルグアイ ウルグアイ ブラジル コロンビア
38 1997 ボリビア ブラジル ボリビア メキシコ
39 1999 パラグアイ ブラジル ウルグアイ メキシコ
40 2001 コロンビア コロンビア メキシコ ホンジュラス
41 2004 ペルー ブラジル アルゼンチン ウルグアイ
42 2007 ベネズエラ ブラジル アルゼンチン メキシコ
43 2011 アルゼンチン ウルグアイ パラグアイ ペルー
44 2015 チリ チリ アルゼンチン ペルー
45 2016 アメリ チリ アルゼンチン コロンビア
46 2019 ブラジル ブラジル ペルー アルゼンチン

 

第30回大会から、大会名が「南米選手権」から「コパ・アメリカ」に変わっています。

 

大会方式もいろいろ試され、第30回~32回大会は開催国がなく、ホーム&アウェーで行われました。

34回と35回大会はリーグ戦方式。

勝ち点順で順位を決めた時もありました。

 

1959年は2回開催。

第26回大会はアルゼンチンで3月終わり~4月初めにかけて開催。

第27回大会はエクアドルで12月に開催されています。

 

そして結果を見ての通り、やはり南米はどこの国が勝つか分かりませんね。

 

優勝回数

過去46回で優勝回数が最も多いのは15回のウルグアイ

その次が14回のアルゼンチン。

 

ブラジルは3番目で9回。

ブラジルが意外と少ないんですよね。

しかも、第21回大会で優勝してから第34回大会まで優勝がありません。

この間40年。

優勝9回のうち、6回は34回~46回までの13回で達成されています。

13回で6回優勝なので最近は特に強いですね。

 

以下、パラグアイ、チリ、ペルーの2回。

コロンビアとボリビアが1回ずつとなっています。

 

ここで、あれ?と思った方はすごいです!

1度も優勝したことがない国があることに気が付かれましたか?

 

実はエクアドルベネズエラは優勝経験がありません。

特にエクアドルが無いのが意外ですね!

 

招待国の結果

招待されたことがあるのは、メキシコ、アメリカ、コスタリカホンジュラスパナマ、ジャマイカ、ハイチ、日本、カタールの9か国。

この中で一番成績が良いのはメキシコ。

2位を2回、3位を3回経験しています。

ホンジュラスも1回3位になったことがあります。

 

メキシコは南米の国々と互角に戦えるんですから強くて当たり前ですね!

 

ちなみに日本は2回招待され、6試合戦い3分3敗。

現地で南米の国と真剣勝負ができるんですからいい経験ですね!

 

第47回大会は、今年開催予定でしたが新型コロナウイルスの影響で来年に延期。

アルゼンチンとコロンビアの共同開催です。

 

SITC HONGKONG

今日から7月。

7月になると夏が来たな~という気がしますが、半分くらいは梅雨ですよね。

 

それでは今日の記事のもくじです。

 

今日は何の日??

7月1日は「郵便番号記念日」「東海道本線全通記念日」です!

 

郵便番号記念日

1968年7月1日から郵便番号が使われるようになりました。

じゃーそれまではどうなっていたの?と思いますよね。

当然、住所のみで配達していました。

 

この制度ができてからも郵便番号の記載率はあまり高くなく、浸透させるのにかなり苦労をしたそうです。

 

東海道本線全通記念日

1889(明治22)年7月1日、東京の新橋駅と兵庫県神戸駅までの区間が全線開通しました。

特に考えたこともなかったんですけど、結構古くに開通していたんですね。

 

当時の鉄道局長官・井上勝が当時の内閣総理大臣黒田清隆に提出した報告書が残っており、開通させるまでの苦労のようなことが書かれてあります。その他は内容が難しくてよく分かりません!

この報告の中に「東海道線」という言葉があるので、路線名は最初からこの名前だったんですね。

 

1日1往復の運行で所要時間は約20時間5分だったそうです!

 

海外では何の日??

ルワンダブルンジ独立記念日」「香港が中国に返還された日」です!

 

ルワンダブルンジ独立記念日

1962年7月1日、ベルギーが統治していたルアンダ=ウルンディがルワンダ共和国ブルンジ王国として独立。

 

香港が中国に返還された日

1997年7月1日、イギリス領香港が中国へ変換され、香港特別行政府が発足。

 

今日はこの船

香港が出てきたので、今日は船名に香港が入る船を。

 

SITCのコンテナ船 SITC HONGKONG です。

f:id:BlauGrana10:20200630201702j:plain

 

SITC Container Linesは中国・上海の海上コンテナ専業の船社です。

漢字では「新海豊集装箱運輸有限公司」。

 

日本にも多くの船が寄港しており、日本と中国を結ぶ航路ではSITCの船が一番多いかもしれません。

名古屋でもよく見かける船で、ほとんど毎日って言うくらいSITCの船は何かしら来ています。

 

写真の船に積まれているSITCのコンテナは陸送されているところでもよく見かけます。

 

コンテナは、写真にある水色や茶色のほかに薄い緑色や冷凍コンテナの白色もあります。

 

船は違いますが、見える範囲のコンテナがほとんど全てSITCという船もいました。

f:id:BlauGrana10:20200630203556j:plain

 

Vessel Information

IMO:9331115

Flag:Panama

Callsign:3EKM7

Loa:145.12m

Beam:22.45m

Gross Tonnage:9,531t

Dead Waight:12,621t

Container Capacity:907TEU

Builder:Kyokuyo Shipyard Corporation

Built:2007

 

GUANG DONG BRIDGE

先日、大雨で道路が冠水しているところが九州でありました。

車が水没するほどではありませんが、私も一度運転中にタイヤが少し埋まりそうになったことがあります。

ちょうど信号で止まったとき、それまではただの雨だったんですが、止まっているほんの1,2分で一気に水浸し。

よく「あっという間に」と表現されますが、ほんとその通りでした。

 

それでは今日の記事のもくじです。

 

今日は何の日??

6月30日は「ハーフタイムデー」「タワーブリッジが完成して開通した日」です!

 

ハーフタイムデー

サッカーに関することかと思っていましたが全然違いました。

1年の残りが半分となる今日のことをこう呼ぶようです。

たしかに、そう言われればそうですよね。

今日で1年の前半が終わり、明日からは後半戦がスタート!

 

タワーブリッジが完成して開通した日

1894年6月30日、ロンドンを流れるテムズ川に可動橋・タワーブリッジが完成。

タワーブリッジというと、ロンドンを象徴する建造物の一つですよね。

と言いつつ私はイギリスに行ったことがありません…。

 

海外では何の日??

コンゴ民主共和国独立記念日です!

 

コンゴ民主共和国独立記念日

同じアフリカにあるコンゴ共和国とは別の国です。

 

1960年6月30日、ベルギーから独立しました。

独立当時の国名はコンゴ共和国(ややこしい…)。

その後、コンゴ民主共和国→ザイール共和国→コンゴ民主共和国と国名を変えています。

ザイールは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ちなみにこの国も行ったことがありません!

 

今日はこの船

タワーブリッジが出てきたので、ブリッジつながりで船名にブリッジが入る船を。

 

"K"LINEのコンテナ船 GUANG DONG BRIDGE です。

f:id:BlauGrana10:20200629194636j:plain

 

船名のGUANG DONGは広東省です。(正しくはGuangdong)

なので、GUANG DONG BRIDGEは「広東省の橋」になるので、この名前の橋は存在しません。

GUANG DONG BRIDGEで調べると、広東省内の橋がたくさん出てきます。

 

船の方はグレーのみのコンテナ船。

グレーにKのマークは川崎汽船です。

川崎汽船のコンテナ船には船名にBRIDGEが入っています。

 

いまはONEの運航になりマゼンタ色のコンテナが出てきたので、この頃のような自社の赤いコンテナで埋め尽くされたコンテナ船は見られなくなりました。

 

そして現在は船名も変え、RDO ENDEAVOURに。

白いKの部分も塗りつぶされています。

 

Vessel Information

Name:GUANG DONG BRIDGE → RDO ENDEAVOUR

IMO:9302102

Flag:Panama → Liberia

Callsign:3EFI → D5UB8

Loa:284.71m

Beam:40m

Gross Tonnage:68,570t

Dead Waight:71,283t

Container Capacity:5,642TEU

Builder:Hyundai heavy industries , Ulsan Shipyard

Built:2006

 

ドイツ・ブンデスリーガが終了

いきなりですが、家にツバメの巣があります。

先週までは親ツバメが卵を温めていましたが、一昨日くらいにヒナが誕生。

どうやら3羽いるみたいで、小さいくちばしがとても可愛らしいです!

親ツバメはエサをとりに必死で休む暇もありません。

もうしばらくすると巣立つはずなので、それまで見守ろうと思います。

 

それでは今日の記事のもくじです。

 

2019-2020 ドイツ・ブンデスリーガが終了

ヨーロッパの主要なリーグで一番最初に再開したドイツのリーグ戦が6月27日にすべて終了しました。

 

第34節の結果

まずは最終節の結果を見ていきましょう。(日にちは現地時間)

開催日 クラブ名 結果 クラブ名
6/27 ドルトムント 0-4 ホッフェンハイム
レヴァークーゼン 1-0 マインツ
メンヒェングラートバッハ 2-1 ヘルタ・ベルリン
ヴォルフスブルク 0-4 バイエルン
フランクフルト 3-2 パーダーボルン
ブレーメン 6-1 ケルン
フライブルク 4-0 シャルケ
アウグスブルク 1-2 ライプツィヒ
ウニオン・ベルリン 3-0 デュッセルドルフ

 

最終節は同時刻にキックオフ。

優勝はもう決まっていたので、あとはチャンピオンズリーグヨーロッパリーグに出るクラブはどこか?残留するクラブはどこか?が注目でした。

 

それともう一つ、私はバイエルンがリーグ戦で100得点に到達するかどうかにも注目していました。 

 

少し前の記事で「残り1試合で得点100にいけるでしょうか??ちょっと無理かな~と思いつつも、いまのバイエルンならやってくれるんじゃないか、という期待もありますね。」と書きました。

 

試合前の段階で得点は96だったので、4点必要だったんですが本当にやってくれました!

 

ブンデスリーガで100得点達成したクラブが過去にあったんだろうか?と思って調べてみると、1971-1972シーズンにありました。

達成したのはこの時もバイエルン。1得点多く101得点決めていました。

このシーズンはゲルト・ミュラーさんが40得点を決めたシーズン。

 

ちなみにこの1971-1972シーズンも最終節が6月28日だったようです。

 

最終順位

順位 クラブ名 勝ち点 試合数 引分 得点 失点 得失点差
1 バイエルン 82 34 26 4 4 100 32 68
2 ドルトムント 69 34 21 6 7 84 41 43
3 ライプツィヒ 66 34 18 12 4 81 37 44
4 ボルシア・MG 65 34 20 5 9 66 40 26
5 レヴァークーゼン 63 34 19 6 9 61 44 17
6 ホッフェンハイム 52 34 15 7 12 53 53 0
7 ヴォルフスブルク 49 34 13 10 11 48 46 2
8 フライブルク 48 34 13 9 12 48 47 1
9 フランクフルト 45 34 13 6 15 59 60 -1
10 ヘルタ・ベルリン 41 34 11 8 15 48 59 -11
11 ウニオン・ベルリン 41 34 12 5 17 41 58 -17
12 シャルケ 39 34 9 12 13 38 58 -20
13 マインツ 37 34 11 4 19 44 65 -21
14 ケルン 36 34 10 6 18 51 69 -18
15 アウグスブルク 36 34 9 9 16 45 63 -18
16 ブレーメン 31 34 8 7 19 42 69 -27
17 デュッセルドルフ 30 34 6 12 16 36 67 -31
18 パーダーボルン 20 34 4 8 22 37 74 -37

 

得点王は、バイエルンロベルト・レヴァンドフスキ選手。(34得点)

 

ウニオン・ベルリンは、初の1部でしたが11位で終える大健闘!

パーダーボルンはクラブ史上2回目の1部でしたが、最下位で終えて降格となりました。

 

1位~4位は、2020-2021 UEFA チャンピオンズリーグのグループステージから出場。

5位とカップ戦の勝者は、2020-2021 UEFA ヨーロッパリーグのグループステージから出場。

6位は2020-2021 UEFA ヨーロッパリーグの予選2回戦から出場。

 

なんですが、カップ戦の決勝は、レヴァークーゼン vs バイエルン。(7月4日決勝)

レヴァークーゼンはリーグ5位でヨーロッパリーグの出場権を得ているので、6位がヨーロッパリーグのグループステージから、7位のがヨーロッパリーグ2回戦から出場になります。

 

16位はプレーオフに進出。(7月2日と6日に開催予定)

プレーオフは、2部の3位クラブと対戦。

 

17位と18位は降格します。

 

ESSHU MARU

Jリーグが始まりましたね。

去年までは週末になると当たり前のように見ていたサッカー。

昼はJリーグを見て、夜はヨーロッパのリーグ、早朝はスペインリーグと、サッカー三昧だったのが全部無くなりました。

サッカーだけでなく、当たり前だと思っていたことって当たり前ではないんですね。

 

それでは今日の記事のもくじです。

 

今日は何の日??

6月28日は「サラエボ事件が発生した日」「貿易記念日」です!

 

サラエボ事件が発生した日

1914年6月28日、セルビア王国サラエボを訪問中のオーストリア=ハンガリー帝国のフランツ・フェルディナント大公と妻が青年に襲われ暗殺されます。

この事件をきっかけに第一次世界大戦へとつながっていきます。

 

貿易記念日

1859年6月28日、江戸幕府アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、オランダの5ヶ国が横浜、函館、長崎で自由貿易を許可することを公布した日。

 

貿易記念日ということでこの船

現在ではいろんな国との貿易が盛んに行われていますが、エネルギー資源のほとんどを輸入に頼っている日本。

 

名古屋港にもエネルギー資源を運ぶ船は多く寄港していますが、その中でも結構多いのがLNG船。

 

写真はMOLが管理するLNG船 ESSHU MARU です。

f:id:BlauGrana10:20200627175134j:plain

 

この船は中部電力向けのLNG船。

MOL、三菱商事中部電力の3社が共有する船です。

 

船名の「ESSHU MARU」は漢字で「越州丸」。

中部電力LNG受け入れ基地がある新潟県上越市の地方名「越州」が由来です。

 

Vessel Information

IMO:9666560

Flag:Bahamas

Callsign:C6BJ9

Loa:288m

Beam:48.94m

Gross Tonnage:136,740t

Dead Waight:86,455t

Builder:Mitsubishi Heavy Industries , Nagasaki Shipyard & Machinery Works

Built:2014

 

J2&J3再開!好きなチームは?

今日からJ2が再開、J3が開幕します。

いよいよ日本でもサッカーが始まりますね。

来週にはJ1も再開されるので、待ちに待った時がやってきました!

 

それでは今日の記事のもくじです。

 

今日は何の日??

6月27日は「演説の日」です!

 

演説の日

1874年6月27日、日本で初めての演説会が慶応義塾の三田演説館で行われました。

演説を行ったのは福沢諭吉

「演説」という言葉も福沢諭吉が作りました。

 

海外では何の日??

アフリカ東部の国・ジブチ独立記念日です!

 

ジブチ独立記念日

ジブチはフランス領でしたが、1977年6月27日に独立しました。

今日は独立記念日で祝日です!

 

ちなみに、ジブチの国旗はこちら。

f:id:BlauGrana10:20200626173650g:plain

あまりなじみのない国ですね。

 

お題「応援しているチーム」

Jリーグが再開、開幕するということで、今日は今週のお題の横に「J2&J3再開!好きなチームは?」というのがあったのでこれについて書いていくことにします。

 

J2とJ3の中で応援しているクラブ

私が応援しているサッカークラブはもちろんFCバルセロナですが、J2とJ3の中からと言われれば、J3FC岐阜を挙げます。

 

理由は単純、地元のクラブだからです。

 

昨シーズンまでは何とかJ2に踏みとどまっていたんですが、ついにJ3に降格となってしまいました。

 

話題性は十分なクラブ

FC岐阜は過去に、ラモス瑠偉さんが監督を務めたり、川口能活選手、三都主アレサンドロ選手の元日本代表、現在はヴィッセル神戸に所属しており、日本代表にも選ばれる古橋享梧選手も在籍していました。

 

ラモスさんが監督の時、横浜FC戦の時は三浦知良選手がいたので結構お客さんが入ったりしていました。

川口選手や三都主選手がいた頃も生で見てみたい!という人が多かったですね。

 

古橋選手はFC岐阜がプロキャリアのスタート。

私はよく点を取るな、程度の印象だったのでまさかここまで活躍する選手になると思いませんでした。

やっぱりプロのスカウトの目はすごいな~と思った瞬間でしたね。

 

昨シーズンとその前のシーズンには、元イタリア代表のアレッサンドロ・デル・ピエロさんも来てくれています。

しかし、2回とも都合が合わずに行けてないんですよね…。

2度あることは3度あると信じて、また岐阜に来てくれることを期待します!

 

昨シーズンから加わった元日本代表の前田遼一選手は今シーズンも残ってくれました。

 

1年でJ2復帰をめざすクラブ

いい選手は毎年そろっていると思うんですが、毎年上をめざすどころか下を気にしないといけない順位に。

私はクラブがJ2に昇格した時、何年かすればJ1に昇格できるだろうと考えていたんですが、なかなか難しいですね。

今シーズンは初めてのJ3ですが、目標はJ2復帰しかありません。

1年で上がれないともう上がれないというくらいの気持ちで戦ってほしいと思っています。

開幕戦は「FC今治」。

FC今治は、JFLから昇格してこちらも初のJ3

 

岐阜のホーム戦なので、いいスタートを切りたいですね。

今シーズンは結果が求められます!!

 

MSC VENICE

今日は金曜日。

またまた3連休が始まりました。

 

一応今月いっぱいということですし、生産も少しずつ回復するようなので、何とか底は脱出しそうです。

 

それでは今日の記事のもくじです。

 

今日は何の日??

6月26日は「小笠原諸島が日本に返還された日」です!

 

小笠原諸島が日本に返還された日

小笠原諸島は1945年からアメリカの施政権下にありました。つまり、アメリカが統治していたということです。

23年後の1968年4月5日に日米間で協議していた協定が締結され、6月26日に日本へ返還となりました。

 

海外では何の日??

マダガスカル独立記念日です!

 

マダガスカル独立記念日

マダガスカルはアフリカ南東にある島国。

地図で見るとアフリカ大陸から少ししか離れていないように見えますが、それでも約400km離れています。

400kmは直線距離で東京-神戸間とだいたい同じです。

 

このマダガスカルはフランス領でしたが、1960年6月26日に独立をしました。

今日は祝日です!

 

今日はこの巨大船

400という数字が出たので、今日は全長400mの船を。

 

MSCのコンテナ船 MSC VENICE です。

f:id:BlauGrana10:20190922195403j:plain

 

この船は名古屋港に寄港した唯一の400mのコンテナ船だったと思います。

(厳密に言うと399mです)

20フィートコンテナで約16,000本積むことができるとんでもないサイズ。

 

しかし、いまのコンテナ船はさらに進化しており、積載本数でランク付けすると上の写真の船は巨大なコンテナ船のトップ10にも入っていません。

 

現在の世界一は全長はちょっと長くなって399.9m、幅が61m。(写真の船は54m)

コンテナは23,964本積むことができます。

運航しているのは、韓国のHMM。

以前は現代商船という社名でしたが、2016年に現代グループから独立。

今年4月に社名をHMMにしています。

 

このHMMの「HMM ALGECIRAS」「HMM COPENHAGEN」「HMM DUBLIN」「HMM GDANSK」の4隻が現在世界一。

どうやら7隻シリーズ、あと3隻もこれから順番に出てきます。

 

その次に大きいクラスもHMM。次がMSC、OOCL、COSCO、CMA CGMMAERSKと続きます。

ある会社が世界一の船を竣工させると、ある会社がその上をいく船を竣工させます。

それの繰り返しで、各社が1番を争うようなかたちが続いています。

 

Vessel Information

IMO:9647473

Flag:Liberia

Callsign:D5KU2

Loa:399m

Beam:54m

Gross Tonnage:176,490t

Dead Weight:186,650t

Container Capacity:16,652TEU

Builder:STX Offshore & Shipbuilding

Built:2016